2015年11月 8日 (日)

必要な時には着いてくる

Img_1708学生時代の友達に頼まれて、歌の発表会に参加することになった母。脳萎縮が進み、物忘れも多いこの頃、「楽譜持っていいから」と言われてOKした。

差し入れ用お菓子と舞台で着るドレス持ちを頼まれ、一緒に行くことになった私。
当日、父に連絡先を知らせておこうと、楽譜の間に挟まった会場のチラシを取り出し、メモを残した。

久しぶりの新幹線とお弁当で遠足気分の私と、以前歌った歌とはいえ、独りで舞台に立つ前の緊張気味の母。

到着してすぐ、楽譜を取り出す間もなく会場に引っ張られ、ピアノとリハーサル。
「大丈夫ね」と母の友達。

しかし、本番直前、母が「楽譜がないけど触った?」と客席の私に聞いてきた。
内心青くなりながら、
「うん、メモしたとき。ないと不安?」と聞き返すと、
「ちょっとね」と自信半分、不安半分くらいで答える母。
脳萎縮のせいか、若い頃ほど上がり症でなくなったのはいいが、
ここで動揺させてはまずいと思い、
「リハーサルで歌えてたから平気だよ」と誤りもせずに知らんぷりを突き通した。

音大生以降は舞台から譜面台が片付けられてしまっていた。
結局楽譜は見つからず、最後から2番目の母は楽譜無しで歌った。
フランス語と日本語の2曲、フランス語は間違えたらしいが気づかなかった。

家に帰ると、黒い机の上に黒いカバーの楽譜が開いて裏返しに置いてあり、完全な死角になっていた。
「やっぱり、あんただった」と母。
「ごめん!でも、後半の人は楽譜見てなかったから良かったじゃん」と私。
「まあね」と、無事終わったことに満足したらしい母。

母の脳萎縮より、自分の物忘れが恐ろしい。

このことをスピリチュアルなCさんに話したら、
必要なときには着いてくるもんだよ」と笑っていた。
まだ今は楽譜を見なくても歌える、と神様が言っていたのだろうか。
どちらにしても、母には、まだまだ趣味を楽しんで欲しい。

(写真: 池袋駅のフクロウの親子)

2015年6月23日 (火)

音楽界のスティーブン・キング

ゾッとする未知への怖れが覗き見するエピローグに始まり、心臓を抉られるようなドキドキ感がヒートアップして、人間の内面を剥き出しにした先にあるドラマチックな感動の衝撃に打ちのめされるエンディング❗️
アメリカのホラー作家スティーブン・キングを音楽で表現したらこんな風かもと思わせられる、その名もシュテファン・ケーニッヒ(Stephan Koenig ドイツ名でスティーブン・キングの意)である。
今月のライプツィヒ・バッハ音楽祭でのことだ。この日が初演だった。
Dsc09835_2



バッハ時代とは程遠い現代音楽。


途中どうなることかと思われた奇妙なザワつき調のメロディーがあるにはあるけれど、盛り上がってとても面白い感動的な合唱曲で、拍手喝采のスタンディングオベーションで終えた。
現代曲も機会があったら聴いてみると、全く新しい感動に出会えて、とても得した気分になれる。

次の日、同じ教会でBuちゃんが彼を見かけ「昨日のスティーブン・キングじゃない? 髪型特徴あるし」と教会の写真を撮りながら教えてくれた。
私は思い切って「スティーブン・ケーニッヒさんですかlovely」と声をかけた。おいおい、名前が混じっちゃってるよ、なんてことは微塵もなく、「そうです」と即答が。
夢中で演奏の感想を伝えてしまったが、曲のダイナミックさからは想像出来ない、笑顔の優しい、とても穏やかな雰囲気の方だった。

記念に一緒に写真を撮ることも、快くOKして下さった。それだけでなく、わざわざ「あそこの方がいいよ」とバッハの銅像の前まで移動して下さった。
感激した曲の作曲者に会えるなんて、今回の旅行で最も記念になった。
音楽祭のCDが発売されることがあるようなので、期待したい。

2015年6月 5日 (金)

犯人はどこに



たくさんの実をつけてるブルーベリーの植木鉢。まだ実が青いのに雀が何匹も寄ってくる。何故か毎日周りに黒い塊が大量に落ちている。

鳥の糞とは違う。ネット検索したら、どうやら蛾の幼虫の仕業らしい。
枯れたわけでもないのに葉が減ってたのはもそのせい。
糞の数が減ったのは雀に食べられたせいだろう。

葉の裏に緑の太っちょくん達が居ないか確認したが見当たらない。
もういないと安心したら、また今日糞を一つ発見coldsweats02
葉っぱの裏にはいない。なら幹に?
緑の太っちょくんなら目立つはず...
そう、太っちょくんは目立っちゃいけないのだ。

そして枝にしがみつく僅かな爪を発見。
彼(?)は成長して、体調10cm越えのスレンダーな若者になってしまっていた。

人間でも見つけられないのだから、雀には到底無理、大きさ的にも無理。
雑巾を通して掴むと、枝ではあり得ないグニャっとした感触。
ぞっとしつつも、気の毒に思いつつも、心を鬼にしてブルーベリーを守ることに。
すると今度は雑巾にしがみついて離れない❗️
飼う気力は無かったので、残ったレタスの葉っぱと一緒にゴミ袋へ。ごめなさい。マンション乱立で緑が無くなってしまったせいだ。本当の犯人は...。

2015年6月 4日 (木)

頑張り続けたことは、何があっても消えない



「頑張り続けたことは、何があっても消えるわけじゃありませんから」
難しい立ち場に悩みながら喪失感で落ち込む理子さんを、飲み友達の同業者が励ます。(フジテレビ『戦う!書店ガール」より)

進む道を見失っても、人生経験は貴重な財産。どんなに使っても減ることなく、貯めれば貯めるほど、次の道標が見えてくるはず。

稲森いずみさんの美しい笑顔と、スーちゃん似の(似てないと思ってる方すみません)可愛い渡辺麻友さんを観られるのも私には楽しみなドラマだ。
(写真:丹精込めて作られただろう大輪の薔薇)

2015年3月28日 (土)

不思議なキーホルダー



Buちゃんがドイツで買ったお土産のキーホルダーです。


親切なおばあさんが「こうやって開けるのよ」と教えてくれたそう。

中は磁石で蓋が付いてます。しかし、開けて何に使うのか、ドイツ語で質問出来なかったBuちゃんは分からないまま帰国。
「カートの絵があるから、スーパーか空港で借りるとき使うんじゃないの?」と私。
Buちゃんがネットで使い方を見つけました。

まさか1ユーロ入れとは思いつきませんでした。空港のカート利用に使うのだとか。1ユーロって磁石にくっつくのですね。
まだまだ旅には発見がありそうです。

2015年3月25日 (水)

心洗われる透明な春の光



五十嵐吉彦先生と会員方の水彩画展を見てきました。
さらっとしたタッチで、木々や水面が描かれ、眩しい暖かさに心が洗われるようでしたconfident
最近参加した友達(というには人生の大先輩なので、図々しいのですが)、彼の解説を楽しみながら、たくさんの作品に感動してきました。

基本はペンで輪郭が描かれ、色が鮮やかに塗られています。友達は一枚タッチを変えて、雪山の風景を柔らかに表現していました。紙はA4くらいの絵ですが、とても広々とした大きな風景が感じられて、感激しました。

さらに、今月がお誕生日という友達にケーキまでご馳走して頂いちゃいました。おしゃれで美味しくて、胃袋も洗われました。
たくさん嬉しいことも言って下さって、完全プラス思考です。どうもありがとうございますlovely

きっと明日も晴天ですねhappy01

2015年1月26日 (月)

当たって嬉しい



BSドラマイル 手のひら携帯コップheart01


アロマ柔軟剤
アンケートに答えて抽選1回note

当選で貰ったグッズですscissors
「当たる時には続けて当たるよねhappy01」と友達に言われて、「よっしゃ、もう1回」と欲張ったせいでしょうか、


スポンジ 12個、遊んでないでないで掃除しなさいと言わんばかりのハズレにハズレて参加賞止まり。持って帰るにも、しまうにも躊躇です。
「腐りませんから」と当たりを祈り続けてくれたお姉さん、大きい紙袋まで用意してくれてどうもありがとうでしたweep
東京ガスのお兄さん、色々親切に答えてくれてすみません。
今日は親切なスタッフさんに会えたのが大当たりってことですねhappy01




2015年1月17日 (土)

地震で壊れないものを大切に

「地震で壊れないものを大切にする」落語家の桂文珍さん。
阪神淡路大震災を経験され、また家が地震で壊れるのではという恐怖で、5年もプレハブから出られなかったほどだったそうだ。そのトラウマを抜け出すきっかけが、お客さんの笑い声だったようだ。

「心身の健康、(人との)絆」が何よりも大事と、とあらためて感じだ。
(NHK 朝のニュースより)

2015年1月16日 (金)

自分に自信を

「自分への疑いがなくなれば、それが自信となる」錦織圭選手のコーチ、マイケル・チャン。記事をサボっていたらあっという間に2ヶ月過ぎてしまいました。
毎日いろいろなことがあるにもかかわらず、昨年は体調がすぐれず、まばらな更新になりました。体調悪いとやる気も出ず、ダメかもと疑い続け、自信もなくなります。

「自分の心がどう動いたかがキー。コツコツと誠実に」写真家の蜷川実花さん。
ピンクと青の万華鏡の中にいるような、一度見たら忘れない、強烈な色彩で作り上げられた世界。自然で落ち着いた色が好きな私の好みとは真逆の芸術色で、ギブアップしてたのですが、ご本人の姿、作品、部屋など統一された華やかさの奥にある芯は、太くどっしりした美しい大木のように落ち着いてらっしゃるように思いました。

ブログも諦めずに自信を持って、コツコツと誠実に続けようと思います。

2014年11月17日 (月)

別世界 大英博物館

L0396

まるで外にいるようなデザインの内部。ロゼッタ・ストーンの人だかりを除けは、ゆったり見られた。以前は地下にごちゃごちゃに置かれていた彫刻が、きれいに飾られていて見やすくなっていた。
日本のコーナーは天井近くの行きにくい場所に追いやられていた。中国と一緒になっていないだけマシだが、離れすぎても流れがわかりにくい。
展示品があまりにたくさんありすぎて、地図がないとどこを通ったのかわからなくなってくる。エジプトの壺がどれも全部同じに見えてきたらそろそろギブアップだ。外に出て、ロンドンにいることを思い出そう。

2014年11月15日 (土)

有料ですか?! ウエストミンスター寺院

L0292
ロンドンとは思えない異常気象の晴天の中、そびえ立つ寺院。以前は内部は無料で見られたのだが、18ポンド支払い、日本語のイヤホンガイド付きで周った。わかりやすく、ありがたい。お祈りの瞬間には全員が立ち止まって黙祷だ。Buちゃんは突然、黙祷させられたのが気に入らなかったようだが、本来は信者の祈りの場。来るもの拒まずの精神は、神様の教えが根底にある。敬意は払うべきだろう。
不景気で寄付もミサに通う信者も減っているに違いない。おみやげだけでは回収不可能なのだろう。「(世界のみんなで)寄付して守ろう、世界遺産」である。

個人的には観覧できないミサの時間もお勧めなのだ。日本では18ポンドでは収まらないコンサートチケットが必要な素晴らしいオルガンと合唱を無料で聴くことができる。

2014年11月13日 (木)

ロンドンのパブは美味しい

昼間から酒を飲んでた時代は代わり、昼間はパブで食事をする社会人と旅行者、子供連れ! 酒だけでは生き残れなくなったパブは料理に力を入れるようになったという。
L0280fc
ロンドン塔近くのパブThe Liberty Boundsで。フィッシュ・アンド・チップス。
L0279
牛肉入りパイと付け合せのマッシュポテト。

そして美味しくないと生き残れない、というわけで、料理チェーン参入。美味しいけれど、どこへ行っても同じ看板メニューで同じ味(たぶん)、店の特徴が見えにくくなったのは残念。
L0878L0879_2
ヴィクトリアアルバート博物館近くのパブHoop and Toyのパイとマッシュルームスープ。
パイは直径20cm以上、まさか一人で食べるとは。
L0506
大英博物館近くのパブThe Ploughのハンバーガーと小エビの唐揚げ。

「イギリス料理は不味い、インド料理と中華だけでいい」と先入観いっぱいのBuちゃんだったが、行ったらパブ漬けに。インド料理も中華も一度も食べなかった。

2014年11月12日 (水)

赤くてかわいい電話ボックス

L0006


携帯スマホの普及で電話ボックスが減ってるらしいが、チャリングクロス駅付近には可愛らしく並んでいた。最近はスマホの充電用に緑色に塗られた電話ボックスがあるらしい。
一時期日本のようなステンレス製のガラス張りボックスが並んでいたのだが、アンティークなボックスのうほうがロンドンの歴史ある建築に似合っている。

2014年11月 9日 (日)

ちょっとグロい、赤い花とロンドン塔

L0185
オリンピック効果か、非常に整備され、展示品も(少なくなって?)見やすく、CGも利用されて楽しい作りになっていた。たくさんの美術館を見た後では多少地味に感じるが、塔内を歩くことに意味があると思う。ただ、大量の処刑がなされた場所かと思うと、どんよりした天気が一層重く感じられる。
映画『ジャックと天空の巨人』を見てから訪ねたBuちゃんは、「これがあの豆の木のやつかぁlovely」と、動く歩道を戻りながら見ていた。

ここでイヤホンガイドを借りようとしたら、なんと私のお札は古過ぎると言われ、使えなかった。12年の歳月は国を一掃してしまえる時間なのだ。
(写真:駅から見たロンドン塔。周りがまるで血の海のようで少しグロいが、戦没者追悼のシンボルである赤いポピーの花)

2014年11月 6日 (木)

誰か住んでる? 細長い家

L0183

奥まって、わかりにくい場所にあるテンプルチャーチから、ロンドン塔に向かう駅の近くだったと思います。
取り残されたというよりは、まだまだいけるって主張してるような出っ張り具合です。
四方全部窓付きで、中はきっと明るいでしょう。これで天井まで吹き抜けだったらどうしよう。

2014年11月 5日 (水)

小ぶりになってもビッグな『レ・ミゼラブル』

L0159_3 Queen's Theatre
突然歌い出すミュージカルが苦手な人にも、オペラは好きだけどロックはいまいちというクラシックファンにも、英語はわからないという舞台初心者さんでも楽しめるエンターテイメントです。
L0156_2 配役表のプレート

10年以上前に見た時は、舞台がとても大きくて、奥行きもあり、セットも巨大で、役者もたくさん出演していたように思います。今回は前より小さい劇場のようで、セットも省略され、小じんまりとした印象を受けましたが、役者の動きがわかりやすく、話も汲み取りやすいように思えました。舞台と客席の距離が近いと、人間味が直に伝わってくるような気がします。
ついつい映画と比べてしまいそうになりますが、舞台の生演奏の感動は全く別物でした。
こうやって舞台中毒になっていくのですね。

2014年11月 2日 (日)

何か刺さってるよ、カフェ・ロイヤル

L0147

リフォームされて、昔の建築を再現したという綺羅びやかな鏡張りに、頭の中まで金色に光ってしまい、何をしに来たのか忘れそうになった。買い物のついでにちょっと寄る、という雰囲気ではなく、ネクタイは正解だった。
L0153_2
以前のカフェの壁は、地味な色で、訪れたという著名人のモノクロ写真が壁をうめつくすように飾られていた。Buちゃんに楽しんでもらおうと、話していただけに、今回写真が一枚もなかったのが少し残念。

「三段のお皿に下からサンドイッチ、スコーン、ケーキが乗ってくる」のを期待していたのだが、そんなオーソドックスなものとは程遠い、味も予想と全く違う物が出てきた。
料理より高いそのお値段に見合う、アフタヌーンティーの進化系スポイトの中は酸味のあるリキュールだった。好きなだけチューっと入れて食べるのだ。甘くなかった。菓子というより前菜のよう。

L0149
三段とも全てサンドイッチ!「お菓子は?スコーンは?無いの~weep」とお腹いっぱいになりながら紅茶を頂いていたら、

L0151_2
シャンパン付きではない、お安い方をにもお酒が!

L0152
そしてスコーンとケーキ。スコーンは昔ながらのでっかいボソボソではなく、日本のような小さなふんわりタイプに変わっていた。三段が2回も来ちゃったので、スコーンが小さくて助かった。しかし、ちょっとやり過ぎ?
中段の緑色はマカロン。甘さがすごく控えめで、今までに食べたことのない、説明しがたい味。ケーキも見た目と違うのだ。予想通りだったのは、紅茶とクロテッドクリームだけかも。

鏡に映る自分たちをカメラで写していたら、向かい側に座っていた初老のご婦人が、わざわざ席を立って、「撮って差し上げましょうか」と申し出て下さった。ありがたくお言葉に甘えさせていただいた。イギリス英語で、何かの記念日に来られた模様。見知らぬ方の親切に、優雅な一時が一層心地よく感じられた。

2014年10月30日 (木)

アメリカになっちゃった?!リージェント通り

L0136


大きなショッピング街のリージェントストリート。アップル、ブルックス・ブラザーズ、バナナ・リパブリックなど、アメリカのブランドが並び、NFLの宣伝とアメリカ国旗で一瞬イギリスを忘れそうになりました。
旗はこの時だけのイベントですが、スターバックスが進出したときは、イギリスの街並みが壊れたと思いました。今回、中華や和食が増えても壊れることがわかりました。
一瞬それとわからないくらい、その土地の建物に同化しているドイツのひげ文字緑色のマクドナルドを見習って貰いたいです。

2014年10月29日 (水)

セント・ジェームズパークの整備しますカー

L0048ロンドン 2014年9月

タイヤが大きくゴツゴツして、公園内もなんのそのだろう。この日はアジア庭園の和風な枯山水(砂紋)の横でしっとりと佇んていた。
これから年末に向けて忙しくなりそうだが、少し立ち止まって秋を楽しみたい。

2014年10月27日 (月)

芸術作品のようなバーリントンアーケード

L0134

アーケード全体が芸術作品
のような入り口には警備員が立ちふさがり、セレブ気分にさせてくれる。中の店は大きくはないが、眺めるだけでも目の保養になる商品が並んでいる。

最近はどこも不景気なのか、オリジナルの手作り商品を扱う店は厳しいようで、閉店してしまった店も多く、当然人通りも減り、以前のような華やかさはなかった。
それでも、初めて来たBuちゃんは、入り口の警備員にドキドキ、中を見て時代を飛び越えたような綺羅びやかな世界に感激していた。

以前、革細工の店で購入したコインケースの色違いが欲しかったが、だいぶ硬い皮に変わっていて、数も少なかった。同じ物を作ると言ってくれたが、既にモチベーションが下がってしまい、そこまでする気力が出なかった。

L0135


万年筆を売る店には「ペンフレンド(文通相手)」と書かれている。「メル友」が主流になった今は死語に近いし、カードのサインすらPIN番号の入力だが、奥の深い細工に芸術を感じて、ショーウィンドウに魅入ってしまうのだ。

2014年10月23日 (木)

ここまで大きければ充分

所変われば品変わる


ロンドン、Strandホテルの廊下に備え付けられた緊急電話。
ギョッとするほど巨大な文字は、眼鏡がなくても、老眼でも、煙が充満しても見やすそう。

2014年10月22日 (水)

バッキンガム宮殿の中に入れちゃう

L0088_2

期間限定で夏のみ公開されているというバッキンガム宮殿内。衛兵の交代式はオフで見られなかったので、代わりにこちらを見てきました。全部見ると5時間かかるというのでメインのみ2時間程度。

空港並みのセキュリティーを通り、キャサリン妃が結婚式の日に歩いたという玄関や、貴賓室、テレビや写真で見覚えのある場所を直接見ることができて感激しました。

L0067_2
カフェコーナー(白い屋根
も作られていて、都会のど真ん中とは思えない広い中庭を眺めながら、優雅にコーヒーとケーキを頂きました。ケーキは甘すぎず、何が入っているのか、初めて食べる美味しさでした。
カプチーノもロイヤルしてます。

4月のキャサリン妃第2子お誕生がますます楽しみです。


2014年10月21日 (火)

やればできる

見違えたチャリングクロス駅 
L0005
最初に駅に来たのは1988年。汚れて寂れてホテルは臭くて、観光に出かけて戻ると鼻の中が真っ黒になるほど公害が酷かった。
それから何度か訪れ、前回は2003年、大気汚染は改善されていた。
11年ぶりの駅は、綺麗に改築され、違う場所のよう。交通機関も含め清潔で便利になっていた。オリンピックの影響だろうか、やればできるじゃないか。
ロンドンにだってできたのだ、東京なら楽勝だろう。

«おさらい チキンロール