« 心洗われる透明な春の光 | トップページ | 頑張り続けたことは、何があっても消えない »

2015年3月28日 (土)

不思議なキーホルダー



Buちゃんがドイツで買ったお土産のキーホルダーです。


親切なおばあさんが「こうやって開けるのよ」と教えてくれたそう。

中は磁石で蓋が付いてます。しかし、開けて何に使うのか、ドイツ語で質問出来なかったBuちゃんは分からないまま帰国。
「カートの絵があるから、スーパーか空港で借りるとき使うんじゃないの?」と私。
Buちゃんがネットで使い方を見つけました。

まさか1ユーロ入れとは思いつきませんでした。空港のカート利用に使うのだとか。1ユーロって磁石にくっつくのですね。
まだまだ旅には発見がありそうです。

« 心洗われる透明な春の光 | トップページ | 頑張り続けたことは、何があっても消えない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

外装の意匠がドイツっぽくてイイですね。
単なるキーホルダーではなく、硬貨が入れられるところも素敵です。

かどり ふづきさん、コメントどうもありがとうございます
Greifswaldという小さな町で、画家Caspar David Friedrichのゆかりの土地だそうです。かどり ふづきさんのサイトでも紹介されていたような絵が、おみやげのポストカードにありました(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なキーホルダー:

« 心洗われる透明な春の光 | トップページ | 頑張り続けたことは、何があっても消えない »