« 犯人はどこに | トップページ | 必要な時には着いてくる »

2015年6月23日 (火)

音楽界のスティーブン・キング

ゾッとする未知への怖れが覗き見するエピローグに始まり、心臓を抉られるようなドキドキ感がヒートアップして、人間の内面を剥き出しにした先にあるドラマチックな感動の衝撃に打ちのめされるエンディング❗️
アメリカのホラー作家スティーブン・キングを音楽で表現したらこんな風かもと思わせられる、その名もシュテファン・ケーニッヒ(Stephan Koenig ドイツ名でスティーブン・キングの意)である。
今月のライプツィヒ・バッハ音楽祭でのことだ。この日が初演だった。
Dsc09835_2



バッハ時代とは程遠い現代音楽。


途中どうなることかと思われた奇妙なザワつき調のメロディーがあるにはあるけれど、盛り上がってとても面白い感動的な合唱曲で、拍手喝采のスタンディングオベーションで終えた。
現代曲も機会があったら聴いてみると、全く新しい感動に出会えて、とても得した気分になれる。

次の日、同じ教会でBuちゃんが彼を見かけ「昨日のスティーブン・キングじゃない? 髪型特徴あるし」と教会の写真を撮りながら教えてくれた。
私は思い切って「スティーブン・ケーニッヒさんですか」と声をかけた。おいおい、名前が混じっちゃってるよ、なんてことは微塵もなく、「そうです」と即答が。
夢中で演奏の感想を伝えてしまったが、曲のダイナミックさからは想像出来ない、笑顔の優しい、とても穏やかな雰囲気の方だった。

記念に一緒に写真を撮ることも、快くOKして下さった。それだけでなく、わざわざ「あそこの方がいいよ」とバッハの銅像の前まで移動して下さった。
感激した曲の作曲者に会えるなんて、今回の旅行で最も記念になった。
音楽祭のCDが発売されることがあるようなので、期待したい。

« 犯人はどこに | トップページ | 必要な時には着いてくる »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ライプツィヒといえば、まずバッハを想起してしまいますが、
現代音楽も盛んなのですね。
さすがは音楽大国のドイツです。

コメントありがとうございます♪
現代音楽聞かずに帰ってしまう人がいるので、クラシック曲の合間に演奏れました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽界のスティーブン・キング:

« 犯人はどこに | トップページ | 必要な時には着いてくる »