日記・コラム・つぶやき

2015年11月 8日 (日)

必要な時には着いてくる

Img_1708学生時代の友達に頼まれて、歌の発表会に参加することになった母。脳萎縮が進み、物忘れも多いこの頃、「楽譜持っていいから」と言われてOKした。

差し入れ用お菓子と舞台で着るドレス持ちを頼まれ、一緒に行くことになった私。
当日、父に連絡先を知らせておこうと、楽譜の間に挟まった会場のチラシを取り出し、メモを残した。

久しぶりの新幹線とお弁当で遠足気分の私と、以前歌った歌とはいえ、独りで舞台に立つ前の緊張気味の母。

到着してすぐ、楽譜を取り出す間もなく会場に引っ張られ、ピアノとリハーサル。
「大丈夫ね」と母の友達。

しかし、本番直前、母が「楽譜がないけど触った?」と客席の私に聞いてきた。
内心青くなりながら、
「うん、メモしたとき。ないと不安?」と聞き返すと、
「ちょっとね」と自信半分、不安半分くらいで答える母。
脳萎縮のせいか、若い頃ほど上がり症でなくなったのはいいが、
ここで動揺させてはまずいと思い、
「リハーサルで歌えてたから平気だよ」と誤りもせずに知らんぷりを突き通した。

音大生以降は舞台から譜面台が片付けられてしまっていた。
結局楽譜は見つからず、最後から2番目の母は楽譜無しで歌った。
フランス語と日本語の2曲、フランス語は間違えたらしいが気づかなかった。

家に帰ると、黒い机の上に黒いカバーの楽譜が開いて裏返しに置いてあり、完全な死角になっていた。
「やっぱり、あんただった」と母。
「ごめん!でも、後半の人は楽譜見てなかったから良かったじゃん」と私。
「まあね」と、無事終わったことに満足したらしい母。

母の脳萎縮より、自分の物忘れが恐ろしい。

このことをスピリチュアルなCさんに話したら、
必要なときには着いてくるもんだよ」と笑っていた。
まだ今は楽譜を見なくても歌える、と神様が言っていたのだろうか。
どちらにしても、母には、まだまだ趣味を楽しんで欲しい。

(写真: 池袋駅のフクロウの親子)

2015年1月26日 (月)

当たって嬉しい



BSドラマイル 手のひら携帯コップ


アロマ柔軟剤
アンケートに答えて抽選1回

当選で貰ったグッズです
「当たる時には続けて当たるよね」と友達に言われて、「よっしゃ、もう1回」と欲張ったせいでしょうか、


スポンジ 12個、遊んでないでないで掃除しなさいと言わんばかりのハズレにハズレて参加賞止まり。持って帰るにも、しまうにも躊躇です。
「腐りませんから」と当たりを祈り続けてくれたお姉さん、大きい紙袋まで用意してくれてどうもありがとうでした
東京ガスのお兄さん、色々親切に答えてくれてすみません。
今日は親切なスタッフさんに会えたのが大当たりってことですね




2015年1月16日 (金)

自分に自信を

「自分への疑いがなくなれば、それが自信となる」錦織圭選手のコーチ、マイケル・チャン。記事をサボっていたらあっという間に2ヶ月過ぎてしまいました。
毎日いろいろなことがあるにもかかわらず、昨年は体調がすぐれず、まばらな更新になりました。体調悪いとやる気も出ず、ダメかもと疑い続け、自信もなくなります。

「自分の心がどう動いたかがキー。コツコツと誠実に」写真家の蜷川実花さん。
ピンクと青の万華鏡の中にいるような、一度見たら忘れない、強烈な色彩で作り上げられた世界。自然で落ち着いた色が好きな私の好みとは真逆の芸術色で、ギブアップしてたのですが、ご本人の姿、作品、部屋など統一された華やかさの奥にある芯は、太くどっしりした美しい大木のように落ち着いてらっしゃるように思いました。

ブログも諦めずに自信を持って、コツコツと誠実に続けようと思います。

2014年7月16日 (水)

刀じゃないよ 包丁だよ


20年ほど前に母がくれた包丁。
前後に動かす簡易的研ぎ機で研いでいたが、の波紋ができる斜め部分が表裏も分からない1~2mmにまで減ってしまい、とうとう切れなくなった。

上野駅近くKIKUSUE菊季刃物店へ研ぎをお願いした。
一週間後、新聞紙にくるまれたのを見せてくれた瞬間、刀と見紛うほどの刃が登場!

切れ味? トマトに触れたら、聞き覚えのないシュパッという音と共に、薄いプラまな板まで切れてしまった力はもう要らない。

ちなみにお値段は2280円。お疲れ様でした。また使えるようにして下さってありがとうございます

2014年7月 9日 (水)

すごいぞ ドイツ



今日に限って寝坊してしまい、「すごいことになってるよ」とBuちゃんに起こされた時には既に4点入っちゃってました。
ブラジルは優勝回数が多いからとドイツを応援してましたが、ネイマールがいたらどうだったろうと残念です。

写真はBuちゃんのライプチヒのお土産。
クリーミーなマジパン入りのチョコで、高級な物はお味もお値段もアップですが、これは庶民向けのお手軽版。
国民の期待が現れてます。
それにしてもマジパンてこんなに美味しい物だったとはしりませんでした
「何かを不味いと思っていたら、それは美味しいのを食べてないから」とBuちゃん。
出張の連続でメタボアップしてます。

2014年4月 7日 (月)

春の心

春の心

土曜は皇居の桜を見ようと出かけたのですが、あまりの人混みにギブアップ。お堀の周りを眺めてその足で買い物に。

お店のお兄さんに「来年もまた公開されますよ、きっと」と慰められちゃいました。
仕事で見に行かれない人もいるのに、贅沢な事言っちゃいましたが、心だけ先に春の温かさを頂きました。

2014年4月 2日 (水)

桜の心



桜の心

世の中に、どんな悪いニュースが飛び交おうとも、人がどんな不幸な状況に立たされようとも、毎年桜は咲いている

周りには桜の木が一本も無い。なのに、どこからか花びらが飛んで来る。
これは誰かにくっついて来たのだろうか、ドアの外。

このところ体調が優れず、さすがに参っていたところ、かわいいハートの花びらが慰めに来てくれたらしい
(写真:本当に桜かな? )

2014年1月 2日 (木)

変化していくお雑煮

Photo「野菜がたくさん入っているから」と料理下手な母が好んで作っている父方のお雑煮は、母のアレンジで長年の間に別物になってしまったらしい。
鶏肉のだしをベースに根菜をごっそり入れたら、鮮やかな緑のほうれん草桃色うずまきナルトが色を添え、醤油と酒、塩で、できあがり。
Buちゃんはこれにブリの切り身を乗せる。ぷっくりしたおもちで出来上がりだ。

久しぶりに実家でお雑煮を食べたら、また味が、というか色が変わっていた。醤油が少なめの薄い塩味にしたそうだ。

何も手伝わず、座って待つだけの私たち。あたたかいおもてなしとお雑煮で、長時間ドライブの疲れが癒やされた。

2013年12月24日 (火)

今日も楽しく過ごそう!

Dsc03617
今日も楽しく過ごそう!って思いながら玄関を出るの』母の友人が、「年だから」と諦め気味の母を元気づけてくれたらしい。

今日は残りの人生の初日だはりきって行くぞっ!』スポーツチームの監督がロッカールームで選手達を激励した。(映画のタイトル忘れてしまった)
Dsc03612
きのうは一日早い誕生日を祝ってもらった。両親が元気で遊びに来てくれたことに感謝。Buちゃんの手料理に感謝。友達からのお祝いに感謝。


1219
先週は「麺ダイニング ととこ」で、誕生日デザートをサービスしてくれた。花火がついていた!サラダも餃子も美味しいラーメン店。

明日も楽しく過ごすぞっ

写真:居間のツリー、Ray作ブッシュドノエルケーキ(飾りはアーモンドチョコ、中はリンゴと生クリーム)、花火付きお誕生日デザート。

2013年11月23日 (土)

銀座四丁目でお昼寝

Img_0592歩行者天国の細い看板の上でぽかぽかとお昼寝中。都会のど真ん中で、癒やされる風景に黒山の人だかり。あまりのかわいらしさに外国の方もカメラを構えていました。

同じ通りで中年男性が倒れていましたが、こちらも心配した通行人たちが駆け寄っていました。先日は大きな交差点の横断歩道で、自転車の若者とぶつかった自転車のおじいさんが倒れましたが、このときも助け起こそうと大勢が駆け寄りました。

日本はまだまだ捨てたものではありません。

より以前の記事一覧