音楽

2015年6月23日 (火)

音楽界のスティーブン・キング

ゾッとする未知への怖れが覗き見するエピローグに始まり、心臓を抉られるようなドキドキ感がヒートアップして、人間の内面を剥き出しにした先にあるドラマチックな感動の衝撃に打ちのめされるエンディング❗️
アメリカのホラー作家スティーブン・キングを音楽で表現したらこんな風かもと思わせられる、その名もシュテファン・ケーニッヒ(Stephan Koenig ドイツ名でスティーブン・キングの意)である。
今月のライプツィヒ・バッハ音楽祭でのことだ。この日が初演だった。
Dsc09835_2



バッハ時代とは程遠い現代音楽。


途中どうなることかと思われた奇妙なザワつき調のメロディーがあるにはあるけれど、盛り上がってとても面白い感動的な合唱曲で、拍手喝采のスタンディングオベーションで終えた。
現代曲も機会があったら聴いてみると、全く新しい感動に出会えて、とても得した気分になれる。

次の日、同じ教会でBuちゃんが彼を見かけ「昨日のスティーブン・キングじゃない? 髪型特徴あるし」と教会の写真を撮りながら教えてくれた。
私は思い切って「スティーブン・ケーニッヒさんですか」と声をかけた。おいおい、名前が混じっちゃってるよ、なんてことは微塵もなく、「そうです」と即答が。
夢中で演奏の感想を伝えてしまったが、曲のダイナミックさからは想像出来ない、笑顔の優しい、とても穏やかな雰囲気の方だった。

記念に一緒に写真を撮ることも、快くOKして下さった。それだけでなく、わざわざ「あそこの方がいいよ」とバッハの銅像の前まで移動して下さった。
感激した曲の作曲者に会えるなんて、今回の旅行で最も記念になった。
音楽祭のCDが発売されることがあるようなので、期待したい。

2013年10月 6日 (日)

どう乗り越えるか

Photo_2自分の身に起こることは選べないんだ。どう乗り越えるかだぞ
新しい家に行くことになった小学生の少年に「チャンスをいかせば、道は開けるんだ」と手助けする元CIAのリース。(アメリカTVドラマ『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』)

博学少年に「心配ないよ、リースにもきっと居場所ができる」と逆に励まされることになる。彼の居場所とは心の拠り所のことだ。

スピリチュアルなCさんによると、人は、身に起こることを選んで生まれてくるそうだ。
「今回の人生ではこの経験を乗り越えてみせます」と神様に啖呵を切って生まれ変わらせてもらうのだという。200年から300年に一度のチャンスもれなく喜びもついてくる。やりそこなうと、また同じ人生にトライさせられ、200年以上順番を待つらしい。

せっかくの機会、逃してはもったいない。
(写真CDジャケット:子供時代の交通事故でピアノを断念し、トランペッターになったセルゲイ・ナカリャコフ

2013年7月29日 (月)

映画?ゲーム? いいえ、賛美歌です

201「全地よ、」加藤清孝作曲

映画やゲームのBGMを思わせるような、圧倒的迫力で攻め続けるスペクタクルな曲。大合唱とフルオーケストラで、地球の大自然を感じさせながら、その壮大なエネルギー宇宙を突き抜けていく。
一曲目だったにもかかわらず、聞き終わったときには、コンサートが終了したかのような充実感をもたらす。

日本には「(迷える子)羊」がいなかったため、他の国ほど浸透しなかったというキリスト教。しかし、音楽だけは別だ。

は柔らかな発音の日本語だった。それでもこれだけの迫力があるのだ。キリスト教原語のラテン語でも聞いてみたい。
原題「全地よ主にむかって~すべての国々よ」詩編100,117(神様への感謝と賛美の歌)

2013年6月20日 (木)

『あきらめないでがんばる』

Photo皆さんがいる姿を見て、あきらめないでがんばる」と言う盲目のピアニスト辻井伸行さん。コンクールでは審査員が点をつけるのを忘れて聞き入ってしまったという。純粋な音の光で天上の音楽を奏でる。

辻井さんは、生まれてから一度も、楽譜どころか鍵盤すら見たことがない。もちろん観客の顔も。震災被災地のホールでは、チャリティーの予定が有料になったにもかかわらず、客席はいっぱいになった。辻井さんには彼らの思いが見えているのだ。

演奏する手は派手な動きが全くなく、雲の上を撫でているかのよう。
彼自身がピアノかと思うくらい素晴らしかった」と観客が感動を伝えていた。
朝のニュースをぼんやり眺めていた視聴者の背中を、彼らのがんばるエネルギーが押してくれた。
(画像:辻井さんのコンサートチラシ部分)

2013年5月28日 (火)

平原綾香「みんなのこころに寄り添う」

Photo_2歌っていうものは、みんなのこころに寄り添うもの』NHKの朝のインタビューで平原綾香さんが答えていた。クラシックの名曲『惑星』(ホルスト作曲)の『木星(ジュピター)』に歌詞をつけたことで有名だ。

最初は「アーヤ語」とでもいう意味不明な言語で歌い、気持ちを表現してから、言葉を選んでいくそうだ。大河ドラマ『龍馬伝』の主題歌を歌ったリサ・ジェラルドさんも、特定の言語ではなく、気持ちを声で現しているという。まるで天空から聞こえてくるような響きだった。

こころから元気になれる、癒やされる歌を歌いたい」と平原さん。彼女の歌を聴いてから話し合いを始めれば、穏やかで歩み寄った結論に達することができそうだ。
(写真:銀河 by NASA 無料素材GATAG)

2013年2月25日 (月)

まだまだいける?!

162嫌々ながらも背中を押され、不思議な練習を続け、再び舞台でソロで歌うことになった母。かすれて出にくかった声が、柔らかみのある癒やし系の声に変化を遂げていた。

たくさんまちがえちゃった」と言いつつも、以前のような落ち込みがないのは長年の経験と、老人ボケのスパイスで、良い意味で図太くなったように思う。どこを間違えたのか私にはわからなかった。とても脳萎縮が進んでいるとは思えない。
「(ボイストレーナーの)Dさんが幕のすぐそばで見てるんだもん」と子供のような緊張は相変わらずだ。

75歳、みんなに「まだまだいける」と思わせてくれた努力はたいしたものだ。

衣装も良かった。登場した瞬間、「きれい」という声がどこからか聞こえてきた。歌に自信がなく、渋い顔で試着していたのがウソのようだ。ここにも力を注いでくれたデザイナーの努力が光っていた。さらにライトで顔の皺を吹っ飛ばしてくれた照明の努力にもあっぱれである。
(写真:オーストラリア、アデレードで 花を愛でる母の手)

2013年1月23日 (水)

新衝撃 『xxxHOLiC』ホリック

001新衝撃 『xxxHOLiC』ホリック
知ってる人は今更と思うだろう。
悩みや嘘でひねくれてしまっても、解決できる人だけが門をくぐることができる館。黒髪の美女が相談を聞く。そこでアルバイトをする少年の目を通しながら、生き方を見つめ直すファンタジーホラーだ。

「選ぶのは自分」と美女は選択権を与えるだけで、『笑ゥせぇるすまん的ブラックさがよぎる話も。

作者CLAMPは脚本家や作画家などの漫画家集団。日本人女性らしい長い黒髪や着物が艶やかに描かれた少女マンガのはずだったが、少年マンガで連載されていたというから驚いた。

作品は10年前に連載が始まったという。今アニメで見ていても、10年の歳月を感じさせない。人の悩みはいつの時代も同じということだろうか。

さらに衝撃的だったのが、テーマソングである。歌詞もさることながら、エンディングの「蜉蝣~かげろう/BLOCK-TIC」は強烈なビブラートが”あやかし”らしさを引き立たせていて、転調がドラマチックである。バッハにも聞いて欲しい。

アニメでだけでなく、実写映像化されている。恐怖さえ感じる癒やしの声大原さやかさん)がアニメの魅力でもある。さん(妖怪人間ベラ)はどう演じていくのか楽しみである。

(写真:上弦の月)

2013年1月16日 (水)

もしも音楽がなかったら

Photo『音のいない世界で』
もし、世界から音楽がなくなってしまったら、足りない何かを探さなくてはと思うだろう。
音符を見つけても、楽器を見ても、何に使うのかわからない。レコードを見ても何をどうしたらいいのかわからない(CD以降しか知らない世代も同じか)。音楽を通して繋がっていた夫婦は相手のことすら忘れてしまう

夫役はバレエダンサーの首藤康之さん。声が聞き取りやすくて、動きもわかりやすい。元から俳優だったかのような演技だった。くるっと回っただけで踊ってくれなかったのがもったいなかった。
妻役は松たか子さん。アンティークなドレスがとても似合って、かわいらしかった。声もよく通り、歌も歌ってくれて楽しめた。リアルな舞台でとても映える女優さんだ。

近藤良平さん、長塚圭史さんのコンビも息があっていて、アニメキャラのような体の動きがリズミカルで面白さを増していた。
全員が二役こなす。

舞台のセットは家の形をした白い枠を利用したものでとてもシンプル。色とりどりの小鳥が次々と現れる場面は工夫が素晴らしかった。

チラシのタイトル文字指揮棒を振った軌跡のようなデザインになっていた。これも凝っていて面白い。

「音のいない世界=無音状態」を想像したが、「音=心の音」で、人への思いやりや優しさを表現しているようにも思えた。

2012年11月19日 (月)

大爆笑のギター演奏

PhotoManuel Gonzalezマニュエル・ゴンザレスのギターコンサート

途中あまりの優しい音に記憶喪失になってしまったが、ッハやスカルラッティバイオリンや笛のような柔らかな音と1人で弾いているとは思えないテクニックを披露した。スペインらしいアランフェスや、自ら作曲したという感動的な曲まで幅広いレパートリーを聞かせてくれた。

アンコールはメドレーだったのだが、「禁じられた遊び」を演奏していると、なぜかどんどん別の曲になってしまうのだ。「熊蜂の飛行」などのクラシックから、ビートルズ携帯の呼び出し音まであり、笑いすぎて息が苦しくなるほどで、この曲だけは誰も記憶喪失にならなかった。

最後は飛び入りで別のギタリストが3名も登場し、ひとつのギターを2人で演奏するなど、およそギターとは思えないような演奏を見ることができた。

あまり興味がないと思うことでも、機会があるなら、とりあえず経験してみようと思う。そこには思いがけない楽しさが潜んでいることがあるから。

2012年9月 7日 (金)

「んがぁ、んまんま」某歌舞伎役者も習ってる新発声法

「んがぁ、んまんま」 某歌舞伎役者も習ってる新発声法

母はソロで歌うのを止めることにした。加齢による、喉の筋肉の衰えが原因だそうである。声がまともに出ない箇所があるのが気に入らないのだ。もう、先生の個人レッスンにも通っていない。趣味の集まりの合唱で、ときどき参加する程度のこのごろ。

「まだ歌えるのに、もったいないじゃない」と合唱仲間に背中を押され、昔自分の後輩だったソリストDさんの勧めで、新発声法を試すことに。
Dさんも習っていて、Dさんの先生のところへは某有名歌舞伎俳優たちも習いに来ているという。
「ほんとにダメだと思ったら、止めようと思ってるおばあさんなんかに、忙しいDさんがわざわざ教えようって思わないよ」と私も賛成した。

声が良いと、若いうちはその勢いだけで歌えてしまうが、筋力が落ちて声が出にくくなったとき、正しい発声でないと声が伸びなくなるらしい。歌を歌うというよりは、「んが、んが」とか「んまんま」とか声を出しながら音階を追う。「あ~あ~」だと声が出るのに「んまんま」だとひっかかるのだそうだ。

今からでも遅くない、年齢は関係ない」と促され、「んがんが」と繰り返していたら、あるとき、昔のように気持ちよく声が出てびっくりしたそうである。

母に目標ができた。来年、Dさんの生徒さんたちと一緒に発表会の舞台に立つことだ。
「勝手に曲も決められちゃったの」と言いながら、結構嬉しそうだった。

実はDさんと母の若い頃の声はそっくりで、区別がつかないくらいなのである。Dさんも母もお互いの声が良く似ているのは承知していた。母のがんばりは、Dさんの行く末もかかっているのだ。