ベランダガーデニング

2015年6月 5日 (金)

犯人はどこに



たくさんの実をつけてるブルーベリーの植木鉢。まだ実が青いのに雀が何匹も寄ってくる。何故か毎日周りに黒い塊が大量に落ちている。

鳥の糞とは違う。ネット検索したら、どうやら蛾の幼虫の仕業らしい。
枯れたわけでもないのに葉が減ってたのはもそのせい。
糞の数が減ったのは雀に食べられたせいだろう。

葉の裏に緑の太っちょくん達が居ないか確認したが見当たらない。
もういないと安心したら、また今日糞を一つ発見
葉っぱの裏にはいない。なら幹に?
緑の太っちょくんなら目立つはず...
そう、太っちょくんは目立っちゃいけないのだ。

そして枝にしがみつく僅かな爪を発見。
彼(?)は成長して、体調10cm越えのスレンダーな若者になってしまっていた。

人間でも見つけられないのだから、雀には到底無理、大きさ的にも無理。
雑巾を通して掴むと、枝ではあり得ないグニャっとした感触。
ぞっとしつつも、気の毒に思いつつも、心を鬼にしてブルーベリーを守ることに。
すると今度は雑巾にしがみついて離れない❗️
飼う気力は無かったので、残ったレタスの葉っぱと一緒にゴミ袋へ。ごめなさい。マンション乱立で緑が無くなってしまったせいだ。本当の犯人は...。

2014年5月16日 (金)

えんどう豆の水耕栽培

Img_0715_2 スーパーで買ってきたえんどう豆の中に、一つだけ鞘が固くなって、えんどう豆6粒全てから芽が(根が?)出てしまっていたのがあった。
グリンピースご飯には使えなかったので、水耕栽培で育てることに。

100均の水切りかごと、プラスチックのコップにバーミキュライトやパーライトを入れました。
液はハイポニカを使いました。3リットルに2mlずつ。
午前中しか日が当たらない割には、1m以上伸び、たくさん花をつけ、実もなりました。
Img_0713 Img_0714_2
支柱を立てるのが難しかったです。強風で何度か倒れてしまいました。
順に収穫してますが、一房に6粒しか入ってないので、ちょっとずつしか食べられません。

今は下のほうが枯れてきて、葉には虫の白い線が入り、うどんこ病にもかかってしまいました。お酢も効き目がありません。だいぶ葉が少なくなってしまったので、そろそろ限界のようです。明日は小さな粒でグリンピースご飯になりそうです。



2013年7月27日 (土)

がんばるジャガイモ君3

0724ジャガイモ収穫しました

葉っぱが枯れ始めたら収穫時だそうです。未熟なジャガイモには毒が多いそうで、食べてはいけないらしいです。今回食べられるのは3個です。少ないですが、プランターが窮屈過ぎました。
芽が出ているおチビさんは、ゆったりしたプランターに植え直してみましょう。植物もストレスがたまると、美味しくないのだそうです。
人も、広い世界へ出かけて、ストレスを発散すれば、美味しい人になれそうです。

2013年7月16日 (火)

こんぺいとうじゃないよ、木の実かな?

Photo_2大きさも金平糖(こんぺいとう)くらい。
葉っぱの間からたくさん覗いていました。
思わず口に入れたくなっちゃいます。

砂糖菓子の金平糖は、作るのに2週間もかかるそうです。少しずつ砂糖蜜がついて固まって、大きな星になるのです。そして口に入れたときのあの甘いパリポリ感といったら、お空のお星さまを食べてるような幸福感。さらに、防災食としても保存できる優れものです。

2013年6月29日 (土)

がんばるジャガイモ君2

Img_0381ジャガイモできました

下に見えてきました。地階は混雑している模様。現在高さ50cm。蕾は花が咲くく前に落っこちてしまいました。Img_0380
まだ葉が青いのでもう少し大きくなるはず。来年は深いプランターにしてあげなくては。

それにしても何かがいるようで、葉が食べられてしまってます。実が無事でいるよう祈っているところです。

2013年5月13日 (月)

がんばるジャガイモ君

J4がんばるジャガイモ君
冷蔵庫に忘れられ、芽が出てしまったジャガイモ。くりぬいた芽を二つ、プランターに置いてみた。プランターはジャガイモベイビー を収穫した土だ。
J1_2




寒くなったり、暑くなったりを繰り返す日々、2週間くらい水だけで、ずいぶん大きくなった。
これからまたアブラムシの攻撃が始まるだろうけど、一緒にがんばって戦おう。
J3J2写真上きのうのじゃがいも。中央の黄色い○は画びょう

写真2番目:芽が小さいのは植えて数日後

写真下:左右のじゃがいもの一週間前の様子)




2012年10月 4日 (木)

脅威の力で復活

Dsc08698猛暑ですっかり枯れてしまった山椒。植木鉢の中で恨めしそうに棘を出し、鉄サビ色になったその姿は有刺鉄線さながら。棘が怖くて捨てずに数ヶ月が経過した。

きょう、まさかの緑の新芽を発見。台風と大雨の脅威の力はこんなところまで及んでいたのだ。

2012年7月30日 (月)

がんばるジャガイモベイビーその2

Photoがんばるジャガイモベイビーその2
6月の中旬ごろかなり葉っぱを広げていたベイビー。高さは30cmくらいだったろうか。

今月、神戸旅行で水不足になり、枯れかけていたベイビー003 70cmくらいあるだろうか。根元に白く丸いものがごろんごろんと頭を出していた。
まさかのベイビーのベイビーである

「掘ってくれ~」
と言っていた。どう見ても。僅か15cm位の深さしかないプランターではきつくなったようだ。
しかし、もっと大きくなるかもと欲張って数日放置。すると芽らしき物が出てきてしまった。この大きさが限界か?
004
ベイビーは茎と根の間で手足を幾本も伸ばしたエイリアンの頭のようだった。がんばって別物に変身していた。あまりに不気味・・・なんて言ったら失礼になるので、「昔の面影はなく、写真を撮る雰囲気ではなかったから、ちょっと大きく見えた」とだけ書いておく。

それにしてもあのちっちゃなベイビーから収穫できるとは。大事に頂こうと思う。

2012年6月 9日 (土)

がんばるトマト3 よくできました

05がんばるトマト3 Photo_2 

今は二つとも真っ赤に熟れている。

どんなに小さくてもいい、完成させることに意味がある。
何事も最後までやりぬくことが大事なのだ。

やりぬいたトマトに拍手を!

2012年5月30日 (水)

がんばるジャガイモベイビー

Photo_3がんばるジャガイモベイビー

買ってきたジャガイモのが出た部分をくりぬき、植木鉢に肥料代わりに埋めた。驚いたことに育ってしまって、ピンポン玉くらいのが5~6個収穫できた。昨年のことである。

その中で一番のおチビさんだったジャガイモベイビー。食べるに食べられず、台所の隅に置きっぱなしになっていた。小さいのであまりわからなかったが、日に日に干からびていってたはず。寒いのでカビることもなかったのだ。
暖かくなったからだろう、いつの間にか芽らしきを出していた。

「植えてくれ~」と聞こえたわけではないが、新たなジャガイモを買うたびにベイビーが気にかかる。このまま捨てるには忍びない。復活できなかったナスの替わりに植えてやった。

004 いつの間にか芽が大きく伸びていた。土を掃ってちょっと覗いてみたら、ベイビー自身も心なしか少し大きくなっている。その根元は青々として、って、みずみずしく光っていた。

肥料くれ~」と聞こえたわけではないが、そのが全てを物語っている。去年の残りの肥料を蒔いてやった。ベイビーのベイビーに会えるだろうか。
(写真:クリップとジャガイモベイビー)

より以前の記事一覧