とんでもスピリッツ

2015年11月 8日 (日)

必要な時には着いてくる

Img_1708学生時代の友達に頼まれて、歌の発表会に参加することになった母。脳萎縮が進み、物忘れも多いこの頃、「楽譜持っていいから」と言われてOKした。

差し入れ用お菓子と舞台で着るドレス持ちを頼まれ、一緒に行くことになった私。
当日、父に連絡先を知らせておこうと、楽譜の間に挟まった会場のチラシを取り出し、メモを残した。

久しぶりの新幹線とお弁当で遠足気分の私と、以前歌った歌とはいえ、独りで舞台に立つ前の緊張気味の母。

到着してすぐ、楽譜を取り出す間もなく会場に引っ張られ、ピアノとリハーサル。
「大丈夫ね」と母の友達。

しかし、本番直前、母が「楽譜がないけど触った?」と客席の私に聞いてきた。
内心青くなりながら、
「うん、メモしたとき。ないと不安?」と聞き返すと、
「ちょっとね」と自信半分、不安半分くらいで答える母。
脳萎縮のせいか、若い頃ほど上がり症でなくなったのはいいが、
ここで動揺させてはまずいと思い、
「リハーサルで歌えてたから平気だよ」と誤りもせずに知らんぷりを突き通した。

音大生以降は舞台から譜面台が片付けられてしまっていた。
結局楽譜は見つからず、最後から2番目の母は楽譜無しで歌った。
フランス語と日本語の2曲、フランス語は間違えたらしいが気づかなかった。

家に帰ると、黒い机の上に黒いカバーの楽譜が開いて裏返しに置いてあり、完全な死角になっていた。
「やっぱり、あんただった」と母。
「ごめん!でも、後半の人は楽譜見てなかったから良かったじゃん」と私。
「まあね」と、無事終わったことに満足したらしい母。

母の脳萎縮より、自分の物忘れが恐ろしい。

このことをスピリチュアルなCさんに話したら、
必要なときには着いてくるもんだよ」と笑っていた。
まだ今は楽譜を見なくても歌える、と神様が言っていたのだろうか。
どちらにしても、母には、まだまだ趣味を楽しんで欲しい。

(写真: 池袋駅のフクロウの親子)

2013年10月 6日 (日)

どう乗り越えるか

Photo_2自分の身に起こることは選べないんだ。どう乗り越えるかだぞ
新しい家に行くことになった小学生の少年に「チャンスをいかせば、道は開けるんだ」と手助けする元CIAのリース。(アメリカTVドラマ『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』)

博学少年に「心配ないよ、リースにもきっと居場所ができる」と逆に励まされることになる。彼の居場所とは心の拠り所のことだ。

スピリチュアルなCさんによると、人は、身に起こることを選んで生まれてくるそうだ。
「今回の人生ではこの経験を乗り越えてみせます」と神様に啖呵を切って生まれ変わらせてもらうのだという。200年から300年に一度のチャンスもれなく喜びもついてくる。やりそこなうと、また同じ人生にトライさせられ、200年以上順番を待つらしい。

せっかくの機会、逃してはもったいない。
(写真CDジャケット:子供時代の交通事故でピアノを断念し、トランペッターになったセルゲイ・ナカリャコフ

2013年9月 8日 (日)

ジンクスは破れる

Img_0156本命は開催地になれないというジンクスを破って、東京に決定した2020年のオリンピック

この勢いで、選手より監督名が先に来る「**ジャパン」という呼び名のチームは大成しないというスポーツジンクスや、自国の監督でないと優勝できないというサッカーW杯ジンクスも打ち破って欲しいものである。

誰にでもひとつはありそうなジンクス。私の場合は、航空券やホテルの予約前に、旅行の話を人にすると、その旅行がキャンセルになってしまうというジンクスがある。

知っていたのに、両親と一緒にオーストラリアに旅行しようというとき、情報を得ようと予約前に友達に話してしまったのだ。出発前日、父は、たまたまついでに受けた検診で、心臓疾患が見つかり、カテーテルを入れることになってドタキャンに。次の年、口をつぐんで無事親子3人旅行を果たした。

破らないほうがいいジンクスもあるようだが、2020年は勢いに乗って、世界のお手本となるような大会を期待したい。
(写真:招致マークに使われた桜の花)

2013年8月12日 (月)

ぼく、がんばります!

Photo「人は、与えられた試練を承知して、生れてくるんだよ」とスピリチュアルなCさん

Buちゃんは、まだ若い仕事仲間を突然亡くした。同情で沈んでいた。なぐさめになるかどうかわからないが、人は生れる前に全てを承諾して生れてくるのだそうだ。

神様**は叶えられるが、若くして突然死するかも知れないよ。もし、世の中が悪ければ、嫌な目にあったり、事件に巻き込まれたりするかも知れない。それでもいいか?」
自分はいっ! ぼく、がんばりますっ!


同時に自分で親を選び、親もそれを受け入れ、生まれ変わるのだという。そして試練(悲しみや喜び)を乗り越え、目標を達成するために努力する、魂がグレードアップするらしい。生れる前の契約は思い出せなくても、目標がわからなくても、一生懸命生きることはできるだろう
(写真:アメリカ テキサス州オースティン レディバード植物園の蓮)

2013年7月18日 (木)

夢は記憶?! 2

277夢は記憶?!2

現実には、一度も見たことがない物でも夢にはどんどん現れる。
色がついてる夢を見る人は、起きている時に色を意識して生活しているという。
Buちゃんは、たまに白黒になるそうだ。これが普通だから気にならない。
私はいつもはいつも鮮やかだ。白黒の夢があるなんて夢にも思わなかった。夢を見ない日がほとんどない割には、忘れっぽい。夢は記憶するためだけに見るものではなさそうだ。
(写真:オーストラリア アデレード動物園のバク)

2012年9月20日 (木)

起こること全てに意味がある

起こること全てに意味がある
「人生の転機となる出来事が起こる。親しい人や初めて知り合う人に、勇気を出して自分の傷を素直に話せば 、過去の傷も含めて深い癒しが与えられる。その事で、愛も尊敬もゆらぐことはない事を知る」Buちゃんがスられた日の占いだ。
「そんなに愛情への不安があったとは可哀想に」と思ったら、「最近は話すようにしてるよ。みんなにもスリには気を付けて欲しいから」とBuちゃん
仲間に話をして早速癒してもらったようだ。財布をスられたことにも意味があったのである。

それにしても、私はいつも旅行前に、何かあった時のために、緊急連絡先や海外電話の掛け方をメモしていたのに、今回初めてチェックしなかった。
あと、ホテルに着いたら直ぐに非常口と避難経路確認しているが、実は一度だけ怠った事がある。次の早朝火事で避難する羽目になってしまった。幸いボヤで何事もなかったが、こういう時に限って、トラブルは起こるものらしい。

20代の様に反応出来なくなってしまって歳を感じるが、トラブルに落ち着いて対処できるのも、人生経験のお陰なのだ。子供なら泣きじゃくって終わりだろうが、大人は美人警官に喜ぶ余裕があるのである。これはこれで、人生捨てたものではないのだ。

2012年9月 2日 (日)

神はいない?! ホーキング博士 

Earth2神はいない?! ホーキング博士 
宇宙は自ら、ビッグバンを起こし、ビッグバン以前は時間が存在しない。よって神は存在しない」とホーキング博士。ある意味彼は禅の境地で人生を悟っているのだ。
(ホーキング博士 ディスカバリ-チャンネル セレクション~好奇心の扉:宇宙の創造主とは?~)

これは、時間の概念で考える人間の視点から結論付けているにすぎない。スピリチュアルなCさんによれば、神の世界は4次元で地球人が考えるような時間は存在しないそうである。なので、逆に時間が存在しないと結論付けた時点で、ビッグバン以前から神は存在していたとも言える。

Cさんによると、人間が神と呼んでいる者は、実は1人ではなく7人(?)の宇宙人(?)がいて(ここで笑っちゃいそうになるが)、感覚的にはで、意思を持ったエネルギー体のようなものだそうである。

宇宙協議会において行われた地球製作会議
神1:「そろそろ新しい星を作りたいんだけどどうかな?」
神2:「いいんじゃないんですか?」
神3:「どんなにしたいんですか?」
神1:「土と海と、雲と、山や緑、いろんな動物も住まわせたいな」
神4:「じゃ、うちの星から動物を提供しましょう」
神5:「じゃ、うちは昆虫と植物を、動物のえさも必要でしょう」
神1:「人間作ろうと思ってるんだけど、どうかな?」
神6:「以前、作ったら、作って、核戦争やって、星1個壊されちゃったじゃないですか」
神1:「でも、魂の成長は必要だからなぁ。また試してみたいんだけど」
神7:「サルを借りられたら、DNA変えてあなたと似たような人間作りますよ」
神2:「それなら私は花を提供しましょう。直接人間の役には立ちませんが、あの美しさは人間の心を豊かにしてくれるでしょう」
神1:「そりゃいいね、きっと美しい星になるよ」
そして神1は地球の核となった(そうである)。

神2~7:「今度はうまくいくと思ったんですがね、どうして何度作っても人間はすぐガンで30歳くらいで死んでしまうんでしょう?」
神1地球:「放射線かな?オゾン層作ってみよう。バリアできるかも知れない」
神2~7:「やりましたね、大成功ですよ。人間増えてきましたね」

神2~7:「地球さん、最近身震い多くないですか? せっかく作った人間が災害で魂戻っちゃってますよ」
神1地球「そうなんだよね。どうにも汚れてきちゃって、気になると寒気がきてさぁ」
神2~7人間のレベルすぎですよ、せっかく美しく仕上がったのに、また核ミサイル作ってますもんね。うちの星からも何人か送ってはいますけど、自己中な地球人に嫌気がさして、だいぶ帰ってきちゃいましたよ。諦めます
神1地球「いや、もうちょっと待ってみるよ、人間だってそんなバカに作ってないんだから」
神2~7「じゃ、とりあえず20年後、地球が残ってて、人間が高尚になってたら、うちの星の住人に行ってもらいましょうか」
神1地球「すまないね、いろいろ手伝ってくれたのに心配ばかりで」
神7:「いえいえ、自分で提供しててなんですが、人間さえいなければとてもきれいな星ですよ」
神2~7も様子を見ることに賛成したが、現在、既に9年経過しているらしい。

明日にも一掃されちゃわないように、人は高尚に生きなければならないようだ。
間に合うのか心配なこの頃である。

写真:earth http://public-domain-photos.com

2012年7月 9日 (月)

夢は記憶?

Photo_4 夢は記憶?

人の夢の話はつまらないというが、それもそのはず、その人の記憶から来るものだとしたら、他人は共有しにくいものである。

以前見たテレビ番組で、ある男性が夢の見え方について語っていた。
彼は大人になってから視力を失ったという。視力を失ってから数年は、音と映像の夢だったそうだが、そのうちに徐々に映像が減り、今は音だけの夢になったという。
これにより、夢は記憶から作られると結論を想像させるような番組だった。

おそらく耳の不自由な人の夢には音はないのだろう。
ヘレン・ケラー感覚だけの夢を見ていたのかも知れない。
写真:熊のように見えるオブジェ 金沢

2012年3月24日 (土)

「自殺はダメなんだよ」

Ip_018自殺はダメなんだよ
とスピリチュアルな化学者のCさん
「自殺すると、生まれ変わったとき、もう一度同じ苦しみに遭遇して、それを乗り越えるまで、同じ苦しみを繰り返すんだよ。人間は地球に修行するために生まれてくるんだから」と。

「苦しみを乗り越えること、今まで(の生まれ変わりで)味わってない幸福を知ることが、今の人生を生きる意味」なのだそうである。これが魂のステップアップに繋がるのだとか。

地球人である理由はどうあれ、「もう一度同じ苦しみを味わうなんて考えたくない~」と思ったら、乗り越えられそう?

2012年2月28日 (火)

ダーウィンの進化論は間違っている

Nocturnal_dream_by_pipper_svk_jpeg ホーキング博士の番組ではこの進化論が間違ってはいないだろうことをもとに宇宙の生物について語られていた。
(NHKBS コズミック フロント)

進化論が正しいとすると大量の矛盾と証拠不足に悩むことになり、未だに人間がどうやって現れたのかすらわからない。恐竜がなぜ一匹も生きていないのかも想像にすぎない。生物は海のアメーバから発展して陸へ。だけど誰がそれを見たのだろう?誰も証明できない。なので間違っているという考え方も言えなくはない。

知り合いのCさんは、某有名大学で細胞を研究していた化学者である。Cさんによると「ダーウィンの進化論は間違っている」そうである。

この考え方の基では、全ての生物は最初からその形で登場する。別の星から運ばれてきたというのである。人間の前に人間はいない。サルは何億年たっても人間にはならない
恐竜だけが一度にいなくなってしまったのは隕石のせいではなく、ウィルス感染が原因だそうである。ウィルスならある一部の生物にしか感染しないということもあり得る。彼らにはワクチンを作る能力どころか、感染者を隔離する能力もない。本能のままに接触し続ける。

このことを話してくれたCさんは、ときどき幽霊が見えるらしい。本人は怖がっていたが、みんなが面白がっていろいろ聞くと、突然化学者に戻ってしまって「**は**から分泌されるんだから、それは違うでしょ・・・」と実にしらける説明をしてくれちゃうほど、物事を分子レベルで考えるような現実的な人だ。だからなおさらこういう考え方も一理あるのではないかと面白く思えてくる。

人間はこれからどう進化するべきかを考えるときなのかも。
(photo: Nocturnal Dream by pipper SVK)