旅行 リヨン9月

2014年3月13日 (木)

だまし絵の壁

L0930315 窓から大勢の人が姿を表し、1階では店が並ぶ・・・ように見えるが、実はまっ平らな壁に絵が描かれているだけなのだ。
住人はリヨンに関わりのある歴史上の人物らしい。
L0930310 下を歩いていると気づかずに通りすぎてしまう。

2014年3月 8日 (土)

店の看板

リヨンの看板

プラスチックの箱が光る日本はごちゃごちゃした印象がぬぐえないが、ヨーロッパは街並みを壊さないように工夫がされている。
L0930110 人形劇場


L0930096 レモン

L0930103 レストラン

L1001267_2 両手に包丁を持った牛

マクドナルドやスターバックスも地味な色でアンティークなデザインになっていました。

2014年3月 6日 (木)

リヨン、お掃除終わりましたカー

L0930288 リヨンの道路清掃車
フランス リヨン2013年

顔の前のひげもじゃが活躍するのです。
小さくったって、はちまきまでしちゃって気合は十分。
おかげでリヨンの道はきれいです。

2014年2月28日 (金)

本物じゃないよ、ミニチュアだよ

L0930206 ミニチュア博物館

入り口には実物大のスターウォーズキャラが飾られている。
L0930149
18世紀のパリが舞台になっている映画『パフューム ある殺人の物語』で使用されたセット(これは実物大)から、日本人による小さな切絵まで、いつまでも見ていたくなる精巧さだ。
L0930170 『ターミネーター』

L0930176 DVDケースは半分の大きさです。
映画『マッハGOGOGO』のミニカー

L0930212 虫眼鏡が置いてあるものも。
道具箱

L0930260 図書室
大学寮の一部屋でしょうか。

この他、「ピカソの寝室」や、プールを水面下から見たものなど、見ごたえがあった。









2014年2月14日 (金)

リヨンの巨大卵

L0930066卵じゃないよ、ゴミ箱だよ

バス停横にドカンと置かれた巨大な卵瓶専用のゴミ箱だ。リヨンの人はたくさんワインを飲むのだ。これくらい大きくないと入りきらない。
なんだか邪魔な気がしなくもないが、これがあればここに捨てたくなりそうだ。L0930074

2014年2月 6日 (木)

永遠の愛を誓う橋

L0930059リヨンの橋には鍵がたくさんついている。
カップルが、これからもずっと結ばれるようにと、祈ってつけるのだそうだ。L0930051

丈夫な橋に頑丈な鍵、がっちりととまって、ちょっとやそっとでは外れない。

2014年1月30日 (木)

空の近くへ、サン=テグジュペリ

L0930030サン=テグジュペリの像

「星の王子様」と並んで座っている飛行士の像。リヨンの中心にあるベルクール広場、いったいどこにあるのかと探してしまうほどっこで、栗の木に隠れてちょっと見つけにくかった。L0930024

ほぼ実物大の小さな像は、まるで別世界にいるかのように、上の方で違う物を見ている。

夢中になると視野が狭くなってることも。少し上から遠くを見るのもいいかも知れない。

2014年1月27日 (月)

こんなところにも日本が

L0929060ガダニュ博物館

歴史博物館マリオネット人形博物館がくっついていて、織物で有名なリヨンの過去を見た後、大量の人形も見ることに。
マリオネット人形はかわいいと思うか、不気味と思うかはおいといて、その精巧さや、海外の人形との違いなど比べると興味深い。L0929073

まさかこんなところで
日本の文楽人形を見るとは思わなかった。堂々として、そのきさ、しさ、着物のやかな作りは、人形の域を超えている。日本の技を誇らしく思えた。
他には金属で作られた現代ロボットなども置いてある。

2014年1月23日 (木)

見られない所は2D映像でカバー

L0929010サン・ジャン大司教教会 2013年

聖堂に入ると、「いったい何事か」と思うほど、神々しい光りが放たれ、厳かな気持ちが引き出されてた。今まで見たことのないような輝きに驚いて、良く見たら、それは、修復部分にかけられた巨大な白い布に、プロジェクターによって映し出された映像だった。
「外はこんな感じでライトアップ」、「中はこんな感じで飾る」、「イベントはこんな賑やか」、という具合に、とりあえず雰囲気がわかるよう、次々と映像が切り替わる。実物の石より鮮やかな色できれいだった。


2014年1月19日 (日)

空が見える屋根裏部屋

L0927343Hotel alexsandra

どこだかわからない、タクシーも迷う・・・と夜のリヨンで不安になった初日。駐車場もあるし、エレベータもある、駅のすぐそばで便利だった。

赤を基調にモダンに作られていて明るい。部屋は屋根裏部屋で狭いが、天窓から見える月がきれいだった。天井の梁にBuちゃんは頭をぶつけていた。受付のお姉さんが「狭いから」と空いた広い部屋に交換してくれ、後半は快適に過ごせた。英語も通じて、いろいろ親切だった。
L0928067



朝食のクロワッサンが大きくて、まさにフランス~。食べきれないほど大量のパンに毎朝感激した。

より以前の記事一覧