旅行 リノから半日観光Verginia City

2011年6月19日 (日)

2月のリノReno ネバダの食べ物

Verginia Cityのお土産店前で
「Hello」と声をかけてきたお兄さんがいました。店員さんでしょう。
「観光で来たの? このあげるよ」と
ポケットからいっぱい掴んだキャンディーを
自分も口に入れながら、私にひとつくれました。

ホテルで口に入れた瞬間七転八倒
甘くないんですよっ! この世の飴とは思えない味っ!!
外見は一個ずつ市販の飴のように包んであったけど、
中身は茶色で、すっごくまずかったです
いったい何の味だったんでしょう?!
ぺっとすぐ吐き出してしまって・・お兄さんごめんなさい
気持ちだけ、親切と歓迎をどうもありがとう。

R17b_2 GALENA FOREST RESTAURANT & BAR
4201 W 4th Street, Reno

アメリカ人に連れてってもらいました。
お肉が食べたいならぜひ。
高速道路を使ってください。
普通の道は信号が多くて時間がかかります。

泊まったホテルはGrand Sierra
ホテル内のレストランは高級感漂って、どこもとても混雑してました。
予約がお勧めです。どれも美味しくサイズもビッグ。

やっと入れたアジア料理Pan-Asian bistroR17a_3
注文したメニューすべて花丸の美味しさっ!!
特にワンタンスープです。
牛肉、豚肉の薄切り入り!!美味っ!!!
今まで食べたワンタンの中で一番 です。
大量で最後まで熱々で頂けました。

1階の24時間スタンドカフェ 2nd Street Express
R17
熊の足を模ったデニッシュ。
あちこちで見かけたのでこちらの名物のよう。R17c_4


右はエクレア。思ったほどクリームは甘くありません。

2011年6月18日 (土)

2月のリノRenoよりお勧め?! Verginia City 歩き方

R16antique_2 古い町なのでアンティークグッズが多いです。

お店が見えていても、
雪がどけてなくて入れないところがありました。
アバウトです。

お昼はみんな昼食に出るので、
おみやげ店が閉まってしまうとこも。

シティ博物館→カジノ駐車場→インフォメーション(おみやげ、トイレあり)
教会マーク・トウェエイン博物館
キャンディ店アンティーク店
バーでドリンク(運転しない人だけ!)→カジノでクーポン使用

暗くならないうちにリノへ帰宅。

2011年6月17日 (金)

2月のリノRenoから半日観光 Verginia City キャンディー カフェ

R15 キャンディー(FUDGE)屋さん。
ぜひ、作ってるところを眺めてください。

高温の飴を伸ばしてナッツを散りばめ、
キャラメルナッツ板を作ります。
どうやら昔からある、素朴なお菓子のようです。
日本で言えばべっこう飴に位置するものでしょうか。
他の国でも屋台で作っているのを見たことがあります。

入ったお店はホットドックやコーヒーもあるR15b
カフェがついてました。
いろいろチョコを味見させてもらえました。
そんなに安くはありません。

同じ通りにキャンディー専門店も。
R15c_2 丸いのも名物のようなので
食べたかったのですが、
「ゴルフボールのようにハード」
ということで
雪道でずっと舐めてるのも辛いと思って見るだけに。
あまり丸いのは急ブレーキなどの場合
気管支に入ると危険ですから、
運転の時は咬めて形の変わるもの(ガムなど)がお勧めです。

カフェには、新聞を読みながらコーヒーをすする
地元の常連らしきおじさんがいました。
私も、ドーナツを頼んでコーヒーで温まっていると、
そのおじさんが話しかけてきました。
昔、ネバダ州に日本から女性が来て、
その交流記念の品が博物館に飾ってあって、
人形がすごくきれいだった・・というようなことを教えてくれました。
おそらくリノの博物館のことでしょう。

田舎の人は、知らない人とでも仲良く話しますよね。
もっと町の感想を上手な英語で言えればなぁ。
ドーナツが大きくて美味しかったです

2011年6月16日 (木)

2月のリノRenoから半日観光 Verginia City Mark Twain Museum

R14a Verginia City Mark Twain Museum
普通のお土産店の並びにあります。
そしてお土産店の中にあります。
長髪の店員のおじさんからチケットを購入します。

地下へのチェーンをはずしてもらい、
暗い階段を恐る恐る降りました。

「ゆっくり見てってよ。写真も好きなだけ撮っていいからね」と
(今頃電気つけるの?)
カビ臭い品物が押し込められた地下室に1人残されました。

博物館ではなかなか許可されない写真なので
写すのは面白かったです。

R14bマーク・トウェインが使った机」は感動的ですが、
「マーク・トウェインが使った便器」は眉唾です。
身近な生活用具に興味深深で眺めてきました。

一部屋しかないので、あっという間に終了です。

2011年6月15日 (水)

2月のリノRenoから半日観光 Verginia City St.Mary's 教会

R13 Verginia City St.Mary's Church 
坂を下りたところに町の象徴的教会があります。

写真ではわかりにくいですが、かなり急な坂です。
もし、車で降りたら、雪氷で滑って、
そのまま教会に突っ込んじゃいそうでした。
そして、たぶん二度と上って来れなかったでしょう。
歩くにもあまりに急な坂で、諦めました。
雪のないときにぜひ。

絵葉書では祭壇のステンドグラスがきれいです。

2011年6月14日 (火)

2月のリノRenoから半日観光 Verginia City 歴史博物館

R12 Verginia City 歴史博物館
リノから向かうと最初に現れる建物で、
町に着いたら最初に見るところです。

アンティーク店だか、ガラクタ屋だか、
もしや粗大ゴミ置き場?
と、錯覚しそうな建物のひとつでなので
通り過ぎないように。。
きっと雪がいけないのですね。
夏ならもっと博物館らしく見えるでしょう。
博物館前に専用駐車場があります。

チケット売り場は外にそれらしきBoxがあるのですが、
博物館の中でした(冬だから?)。

中に入って、またびっくり!
間違ってゴミ置き場に来ちゃったかと思いました(失礼!)。
ごっちゃごちゃです。
でも、よく見ると写真や古い道具が順に飾られています。

町を見る前に歴史ビデオは参考になりますよ。
(1人でもちゃんと回してくれました)
それに、絵葉書の数枚も買えば、
ドリンク無料券とカジノ利用券がもらえます。
私は最後に行ってしまったので、
どちらも使わず帰ってきてしまってちょっと残念。

2011年6月13日 (月)

2月のリノRenoよりお勧め?! Verginia Cityへ

R11 Verginia City
思いっきりのドライブ日和。
Renoから35分で行かれると
カーナビが言うので出かけました。

Martin Luther King Jr Memorial Hwy
から
South Verginia Street へ入り、
モールとは反対のGeiger Grade Roadへ左折します。

この山道をくねくねと行くと、街の入り口に「Welcome」の看板があります。

道も簡単なので、海外では車を運転しない人も、
ここだけはレンタカーで行きたいものです。
唯一の心配は、雪が降って山道が凍ってしまうことです。
チェーンはないし、あっても私同様つけられない人もいるでしょう。

途中、多少凍っているところがあったものの、R11_2
これなら午前中くらい大丈夫そうかなと進みました。
レイク・タホのような雪山景色が楽しめました。

途中で「ここからはチェーンをつけて走れ」という
看板があり、ちょっと不安になりました。
しかし、その道からやってくる車が
誰1人つけていなかったので、まぁ、大丈夫なんだろうと、そのままGO。

ついてびっくりですよ! 古い町並みで、木の床の通路が続き、
道路に車が止まってなければ、「私はどこっ?!」って
タイムスリップにパニックになってたところです。

R11_3 地元の人は、両脇に縦列駐車してました。
坂を上りきる手前(町の中央)に、
カジノ店専用駐車場があります。

無断駐車、カジノ利用者以外罰金
みたいなことが書かれていたので、
駐車料金を払うつもりで、
「カジノはやらないけど、観光したい。停めていい?」と一応断りに言ったら
「どうぞ好きにして。気が向いたら遊んでってね」とのことでした。
観光客が私しかいなかったようなので、アバウトだったようです。